複勝一本!人間関係論的競馬予想!

独自の視点で複勝予想をします。

0129

腹立たしい騎乗はするな!  

昨日の川崎競馬『川崎記念』の結果ですが、見事にカスリモしない結果でした。結局は「ガチガチの結果じゃん」ということでしたね。まあ、予想とは全く裏目の決着でしたし、今回は大穴を狙っての予想でしたし、少額で勝負していましたので、大きなダメージもなく、あきらめがつきました。

しかし、レース展開には非常に不満ですし、憤りさえ覚えました。◎にしていたハッピースプリントは頑張っての4着ですから、良しとします。が、○と▲の騎乗は酷かった。山崎(川崎)と畑中(高知)は、すでにレース前から勝負を諦めていましたね。レースを観ていると騎手の心理も見えてきます。この2人の騎乗は酷過ぎです。勝ち目がないのは明らかでも、乗っている騎手もそういう心理で騎乗するのは、大問題です。勝負事で勝負をする前からすでに負けを認めているようでは、勝負師としては失格です。この2人の騎乗には、馬を走らせようとする姿勢が全くありませんでした。ここが憤りを覚えたところです。お決まりのようにスタートしてから、後方ポツン。「何じゃ、それ!」と思わず言葉が出てしまいました。

私の心の中の言葉です。「畑中!お前何しに高知からやって来た?余りにもお粗末すぎるだろ。」「山崎!必死に乗れ!お前は本当にムラがあり過ぎ。まだまだ一人前の騎手じゃないぞ、勘違いするな!」こんな感じですね。

騎手ばかり責めてもどうしようもないのも私自身よくわかっています。乗り方なんかに厩舎側の指示がありますからね。騎手は単なる駒に過ぎないのも承知済です。しかし、観ている側としては馬券になるならないだけではなく、レース内容も観ている訳です(私だけでしょうかね)。大穴狙いで何言っているんだ、と思われるかもしれませんが、大穴狙いでも人気狙いでも関係ありません。レースで勝とうとする必死さ、何とか1つでも上に行こうとする騎乗、人気順よりも上の順位に何としても上がろう、そういう姿勢が大事ではないでしょうか。はじめから勝負を捨てた騎乗、いやレース前から諦めている心の姿勢を持っているなら、騎手を辞めた方がいい。勝負の世界にいてそれ位はわかっているはずです。

こういう騎乗している騎手は、一流にはなれないでしょう。そこそこ平均点止まりです。今回は山崎と畑中という名指しで書きましたが、同じような騎手はいっぱいいます。残念ながらこういう騎手たちは、あまり考えていないんですよね。予想する側は、こういうことも考慮していく必要があります。だから競馬は難しいんですね。


有料会員募集中です。会員希望と書いてtarbo992000@yahoo.co.jpまで送信して下さい。詳細をご案内します。ご案内を送信しても受信されない方もおります。上記からのメール受信可能に設定しておいてください。

また、よければまぐまぐ登録もお願い致します。
 http:/www.mag2.com/m/0001624701.html です。よろしくお願い致します。




人脈・関係者理論 ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ


競馬 ブログランキングへ


i-mobileで稼ぎませんか?
i-mobile



ケータイの買い替えはご検討中でしょうか?






【tsu / スーを快適に攻略したいあなたに捧げる!】超簡単!即効果!稼ぎやすいtsuの自動化ツール『 tsuQUEST / スークエスト 』




今流行りのFX投資、新規開設ならここがオススメです!




1枚持っていると便利ですよね、セブン&アイグループなら使い勝手よし!私も作りました。




私も使い始めて数か月、実感あります!髪にお悩みの方、是非お試しあれ!





かなり売れていると評判のシャンプーです!





アマゾンなら何でも揃います!



●『初期投資0円で日給7万円の“超即金ビジネス”・完全マニュアル』 
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/tarbo992000/4kp7pyq8rabs
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/tarbo992000/4kp7pyq8rabs

スポンサーサイト

Posted on 2015/01/29 Thu. 06:23 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 騎手の心理を考える(2)  |  川崎記念の予想 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takachinchan.blog.fc2.com/tb.php/629-66a88ca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

▲Page top