複勝一本!人間関係論的競馬予想!

独自の視点で複勝予想をします。

0620

地方競馬は社会の縮図!?  

私の体力も限界に近づいています。ワールドカップサッカー漬けで遅寝早起きが続いています。今は、イングランドVSウルグアイ戦やっています。そしてこの後、いよいよ日本VSギリシャ戦です。コロンビアがコートジボアールに勝ったことで、何としてもここは日本、勝たなければいけません。私も力の限り応援します!

地方競馬は未だにヤラズが横行しているように思います。南関東競馬はじめ、全国に散らばっている地方競馬。ここのところ日中時間がある時は、地方競馬を観ていますが、まあひどい!ヤラズと確信できるレースが散見されますね。あからさまに騎手が最後競っていても全く追わない、妙に周りをキョロキョロしながら、目的の騎手を探している、意図的にゲート出を遅らせる・・・などなど、ひどいものです。ネットが普及しているので、遠方にいてもレースをネットでライブ観戦できます。地方競馬の場合は厩舎が直接騎手に指示を出すことが多いので、騎手の判断ではヤラズはしませんが、これだけネットが普及していて誰にも“観られている”という意識はないのでしょうかね。とにかく、よく見られる光景です。まともに馬券を買う方がバカをみるのです。

地方競馬でもJRA交流戦や重賞になるとヤラズはほとんどないと思います。むしろJRA交流戦はJRA様様で、JRAからの参戦馬に着を譲るくらいのことはしているでしょうね。所詮、地方競馬もJRAには足を向けられないのでしょうか。
地方競馬は経営面でもかなり厳しいところが多いのも事実です。またJRAとは違って、騎手も厩舎所属(南関東はJRAに倣ってフリー騎手も多くなってきています)です。つまり、地方の一番の特徴は仲良しこよし経営です。どこかの厩舎だけが突出してはいけません(例外はありますが・・・)。厩舎の力関係、上下関係はあるので、その関係を保ちながら、仲良しこよしでやっています。そういうことを知った上で馬券を買わなければいけません。全く人気がない馬が掲示板にくることがよくあるのも地方競馬ではよくあります。

仲良しこよしではヤラズが横行します。それは、競馬に限ったことではありません。企業経営ではヤラズとは言いませんが、成長することはできません。出る杭は打たれる、異端的な人材やいい意味で目立つ人材は潰される風潮は、実社会でもまだまだありますからね。何事も目立たずイエスマンになって、仲良しこよしでいるのが良いことだということから打破しなければ、成長どころか停滞や衰退が必ずやってくるのが社会の摂理です。


有料会員募集中です。会員希望と書いてtarbo992000@yahoo.co.jpまで送信して下さい。詳細をご案内します。ご案内を送信しても受信されない方もおります。上記からのメール受信可能に設定しておいてください。

また、よければまぐまぐ登録もお願い致します。
 http:/www.mag2.com/m/0001624701.html です。よろしくお願い致します。



人脈・関係者理論 ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ


競馬 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Posted on 2014/06/20 Fri. 04:53 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 6月21日の人間関係論的競馬予想  |  地方競馬中継の放送を観て・・・ »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takachinchan.blog.fc2.com/tb.php/343-a5a83cf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

▲Page top