FC2ブログ

複勝一本!人間関係論的競馬予想!

独自の視点で複勝予想をします。

1010

「お前、ふざけんなよ~!」という騎手は、どこにでもいます  

※私のYou Tubeチャンネル ⇒ http://qq3q.biz/Ia84  登録にご協力お願いします!1900人突破!\(^o^)/


競馬に限らず、金が絡むギャンブルにいつも付きまとうのが、

   ・八〇長、ヤラズ

ですね。私は、これは永遠になくならないと思っています。だからこそ、そういうことがある、という前提で競馬に向き合っているつもりです。それでも、その裏事情にまんまとハマってしまったり、自分の読みの甘さに激怒してしまうこともあります。自分の器の小ささにも呆れてしまいますが・・・(;^_^A。

今では、JRAにおいては、監視員が厳格に監視していますが、それでもやる時はやります。ただ、地方競馬は、いまだに酷いです。

ほぼ毎日、地方競馬を観ていると、わかってきます。そういうレースに自分が馬券を購入していた時などは、逆鱗です。ブツブツ独りで文句を言い、怒りと葛藤し、気を紛らわす、その繰り返しです。

私のように、感情が時に冷静でいられなくなる方も多いと思いますが、いつも批判の的は、「騎手」ですよね。馬ではなく、「騎手」です。その「騎手」にもいろいろな役割があります。

   ・馬主や厩舎などから、1着を期待される騎手
   ・1着よりも、確実に賞金稼ぎをしてくれる騎手
   ・人気を背負って、馬券圏内からぶっ飛ばすことをやらかしてくれる騎手

「騎手」は、一部の人間を除き、ほとんどが馬主の指示や調教師、厩舎担当などからの指示通りに動くコマです。「騎手」の最も大きな役割は、いずれの場合でも、

   馬主や厩舎の指示通りに、言われた通りに、仕事をこなす

ことです。それが、地方競馬においては顕著です。何せ、売上を上げるために必死ですから。なぜ高知競馬が経費が莫大に掛かるナイター競馬を続けられているのか、なぜ岩手には盛岡と水沢の2会場開催できているのか、なぜばんえい競馬が黒字転換できているのか、なぜ南関東競馬4会場で経営が成立しているのか。

その大きな要因の一つに「騎手」によっていろいろな役割があるのです。あまり深く入り過ぎると危険水域に突入してしまうので、この辺で止めておきますが、

   ・どこの競馬場の、どの騎手が、どんな役割を遂行するのか

これをある程度でも知ることができれば、馬券力は数段アップすると思いますよ。


有料会員募集中です。会員希望と書いてtarbo992000@yahoo.co.jpまで送信して下さい。詳細をご案内します。ご案内を送信しても受信されない方もおります。上記からのメール受信可能に設定しておいてください。
また、ご入会頂いた方にはもれなく、『ヒモ選びのポイント』の資料をプレゼントしますよ!

また、よければまぐまぐ登録もお願い致します。
登録はこちらから⇒『複勝一本!』
よろしくお願い致します。


●順調に育っています。このブログ『パソコン音痴がネットビジネスに挑戦!“コツコツ地道”に稼ぐ私の起業実践ブログ』
詳しくはこちらから⇒『パソコン音痴がネットビジネスに挑戦!“コツコツ地道”に稼ぐ私の起業実践ブログ』

●世界中のスポーツを愉しむなら『ウィリアムヒル・スポーツ』安心して無料登録できます
詳しくはこちらから⇒『ウイリアムヒル・スポーツ』



人脈・関係者理論 ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ


馬券が買える!レースが観れる!地方競馬を楽しむならオッズパーク





楽天競馬は、地方競馬全場のレース映像・投票・情報に対応しています。




ポイントサイト経由でお買い物するなら、『ハピタス』がお勧めです。無料登録しましょう!絶対お得ですよ。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

毎朝の朝食、摂っていますか?カルビー『フルグラ』 800g 1セット(6袋)まとめ買いなら【送料無料】




私は『楽天カードマン』です!あなたも『楽天カードマン』になりませんか?本当に凄いです!



今流行りのFX投資、新規開設ならここがオススメです!私も開設して利用しています!


スポンサーサイト



Posted on 2019/10/10 Thu. 06:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 10月12日の人間関係論的競馬予想  |  騎手の賞金獲得比率も着順によって変えれば、もっとレースが白熱するでしょ »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takachinchan.blog.fc2.com/tb.php/2672-8c66545b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

▲Page top