FC2ブログ

複勝一本!人間関係論的競馬予想!

独自の視点で複勝予想をします。

0722

G3「函館2歳S」の回顧  

※私のYou Tubeチャンネル ⇒ http://qq3q.biz/Ia84  登録にご協力お願いします!1800人突破!\(^o^)/


昨日は、2重賞がありました。そのうち、今回は、G3「函館2歳S」を回顧します。G3「中京記念」の方は、ショボイ的中でした。

まずは、会員さまに配信した内容です。こちら・・・。
(以下、引用部分)
G3「函館2歳S」の候補馬をお伝え致します。
1番ビアンフェ
3番レッドヴェイパー
6番パフェムリ

《私の買い方》
3頭の単複
馬連3頭BOX3点
ワイド3頭BOX3点
3連複3頭軸に3列目にこの3頭に3頭をプラスして、10点

《ポイント》
今年最初の2歳重賞戦。まだ力関係は、正直見えませんが、騎手と枠を中心に組み立てました。まずは、ビ
アンフェ。藤岡佑はレッドヴェイパーよりこちらを選択。流れから言えば当然でしょう。内枠の利を活かして先
行逃げ切りに持ち込みたいでしょう。2番手は、レッドヴェイパー。前走は藤岡佑で勝利しましたが、デビュー
レースは北村友の予定でした。馬主(東京HC)の主戦となりつつある北村友で、重賞制覇を見込んでいると
見ました。先々この馬で北村友もタイトルを獲りたい所。この2頭のどちらかはあるいはどちらも勝利に近い
です。そして、パフェムリ。菱田ボウズー岡田の師弟ライン。先週JRA通算300勝を達成した菱田ボウズ、こ
こで恩師に恩を返す舞台設定です。馬券は、この3頭で組み立てます。
(以上、引用部分)


結果は・・・、
ビアンフェ 1着 単勝700円 複勝210円
の的中でした。

ビアンフェは見立て通りに逃げ先行し、この馬のペースで最後までレースができました。強い勝ち方でしたね。ビアンフェには、道中で、「これはもう安心だ」と思い、他の2頭に目をやると、レッドヴェイパーは道中の位置取りが悪過ぎでしたね。後方に控える形でした。北村友も、諦めていましたね。最後までしっかり追えば、3着もあったかもしれないのに・・・。ここは不満でした。パフェムリは、道中は中団に控えいい感じで抜け出して来るかと思いきや、菱田ボウズ、いきなり進路をラチ沿いに変え、他馬の進路妨害で危うく落馬事故の原因を作ったことで、その後はもう前に行くことを止めての4着。

3頭が全て掲示板には来ましたが、着順の入れ替わりが欲しかったというのが本音でした。


有料会員募集中です。会員希望と書いてtarbo992000@yahoo.co.jpまで送信して下さい。詳細をご案内します。ご案内を送信しても受信されない方もおります。上記からのメール受信可能に設定しておいてください。
また、ご入会頂いた方にはもれなく、『ヒモ選びのポイント』の資料をプレゼントしますよ!

また、よければまぐまぐ登録もお願い致します。
登録はこちらから⇒『複勝一本!』
よろしくお願い致します。


●順調に育っています。このブログ『パソコン音痴がネットビジネスに挑戦!“コツコツ地道”に稼ぐ私の起業実践ブログ』
詳しくはこちらから⇒『パソコン音痴がネットビジネスに挑戦!“コツコツ地道”に稼ぐ私の起業実践ブログ』

●世界中のスポーツを愉しむなら『ウィリアムヒル・スポーツ』安心して無料登録できます
詳しくはこちらから⇒『ウイリアムヒル・スポーツ』



人脈・関係者理論 ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ


馬券が買える!レースが観れる!地方競馬を楽しむならオッズパーク





楽天競馬は、地方競馬全場のレース映像・投票・情報に対応しています。




ポイントサイト経由でお買い物するなら、『ハピタス』がお勧めです。無料登録しましょう!絶対お得ですよ。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

毎朝の朝食、摂っていますか?カルビー『フルグラ』 800g 1セット(6袋)まとめ買いなら【送料無料】




私は『楽天カードマン』です!あなたも『楽天カードマン』になりませんか?本当に凄いです!



今流行りのFX投資、新規開設ならここがオススメです!私も開設して利用しています!


スポンサーサイト



Posted on 2019/07/22 Mon. 06:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 芝1200やダート1000、1200は、スタートが大事だってわかっているだろ!  |  7月21日の結果 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takachinchan.blog.fc2.com/tb.php/2596-80c70186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

▲Page top