FC2ブログ

複勝一本!人間関係論的競馬予想!

独自の視点で複勝予想をします。

1029

G1『天皇賞・秋』の回顧  

※私のYou Tubeチャンネル ⇒ http://qq3q.biz/Ia84  登録にご協力お願いします!1400人、突破しました!\(^o^)/


昨日は、東京競馬場にて、元号“平成”最後のG1『天皇賞・秋』が行われました。回顧します。

まずが、会員さまに配信した内容はこちらです。
(以下、引用部分)
G1『天皇賞・秋』の候補馬をお伝え致します。
5番スワーヴリチャード
4番レイデオロ
6番マカヒキ

《私の買い方》
3頭の単複
馬連3頭BOX3点
ワイド3頭BOX3点
3連複2頭軸でヒモ3〜5頭に流し、9〜15点

《ポイント》
13頭と少頭数ですが、役者は揃いました。そして、元号“平成”最後の『天皇賞・秋』です。格式高い
G1レース。それにふさわしい馬主、厩舎、騎手に与えられる栄冠です。枠順もそれを表しています。
3頭はすんなり決まりました。まずは、スワーヴリチャードデムーロ。もうこの面子では最強でしょう。
そしてこの枠。もう隙はありません。デムーロの最敬礼のシーン(2012年奇しくも同じ10月28日、
エイシンフラッシュで優勝しました)が見られるのではないでしょうか。2番手は、そのスワーヴリチャ
ードの内隣のレイデオロルメールです。天皇賞5勝している藤沢厩舎。最強タッグです。そして3番
手は、マカヒキ武豊。騎手としては、これ以上ふさわし騎手はいないでしょう。天皇賞・春秋で、なん
と15勝の武豊。マカヒキに乗って欲しいという陣営、マカヒキに乗りたかった武豊それぞれの思い
がここで実りました。馬券は、この3頭で組み立てます。
(以上、引用部分)

結果は・・・、
レイデオロ 1着 単勝310円 複勝150円
のみの的中でした。

スワーヴリチャード、デムーロのスタート出遅れ。痛恨です。全く・・・。これで、デムーロも戦闘意欲なし。酷過ぎです。ダンビュライトが放馬で出走取消で何か嫌な予感を感じたのは、私だけではないでしょう。スワーヴリチャード、the end。レイデオロは、もうルメールの神ががっています。人馬ともに素晴らしい!としか言いようがありませんね。完勝でした。マカヒキ武豊、ドラマはありませんでしたね。何もなかったです。唯一の救いは、レイデオロの配当が思いの外、良かったことだけです。

ただ、レイデオロ、ルメールだけが光ったレースでした。


寒々しい私のポンコツ予想でした。

   ・“競馬はロマンだ!”! いやいや “競馬はヤリヤラズだ!”


ちなみに、現在、会員募集において、特別企画をご案内していますので、ぜひ、この機会に会員のご検討もよろしくお願いします。


有料会員募集中です。会員希望と書いてtarbo992000@yahoo.co.jpまで送信して下さい。詳細をご案内します。ご案内を送信しても受信されない方もおります。上記からのメール受信可能に設定しておいてください。

また、よければまぐまぐ登録もお願い致します。
登録はこちらから⇒『複勝一本!』
よろしくお願い致します。


●順調に育っています。このブログ『パソコン音痴がネットビジネスに挑戦!“コツコツ地道”に稼ぐ私の起業実践ブログ』
詳しくはこちらから⇒『パソコン音痴がネットビジネスに挑戦!“コツコツ地道”に稼ぐ私の起業実践ブログ』

●世界中のスポーツを愉しむなら『ウィリアムヒル・スポーツ』安心して無料登録できます
詳しくはこちらから⇒『ウイリアムヒル・スポーツ』



人脈・関係者理論 ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ


馬券が買える!レースが観れる!地方競馬を楽しむならオッズパーク





楽天競馬は、地方競馬全場のレース映像・投票・情報に対応しています。





毎朝の朝食、摂っていますか?カルビー『フルグラ』 800g 1セット(6袋)まとめ買いなら【送料無料】




私は『楽天カードマン』です!あなたも『楽天カードマン』になりませんか?本当に凄いです!



今流行りのFX投資、新規開設ならここがオススメです!私も開設して利用しています!



スポンサーサイト



Posted on 2018/10/29 Mon. 06:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

« JBCシリーズが京都競馬で開催、無茶苦茶忙しい2日間になりそうです  |  10月28日の結果 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takachinchan.blog.fc2.com/tb.php/2289-9b695df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

▲Page top