FC2ブログ

複勝一本!人間関係論的競馬予想!

独自の視点で複勝予想をします。

0824

出走表だけでも、人気ブッ飛ばし騎乗の確率が高いことが見えてきます  

以下の画像は、園田競馬のある日の出走表の一部です。

園田出走表


小さくて見えづらいかもしれませんが、赤枠の馬は前走、前々走とも人気に応えて馬券になっています。そして、このレース、この馬にとって昇級戦でした。それでも、1番人気。これは、非常に危険な人気馬に変貌している、と私は読んでいました。

根拠は、

   ・人気に応えた前2走よりも、昇級戦、という点が気になった
   ・騎手が、正直信頼できない
   ・信頼できない騎手が、続けて昇級戦かつ人気に応えられる精神力、スキルに疑問

でした。レース映像を観れば、納得できるところですが、結果は、なんと10頭中の10着でした。こういうパターンの人気ブッ飛ばし騎乗は、地方競馬では日常茶飯事に起こっています。酷い騎乗でしたよ、全く。

もう1例上げましょう。以下の画像は、ある日の浦和競馬の出走表です。

浦和出走表


800メートルの電撃戦。赤枠の馬が、1番人気になっていました。鞍上は、和田。この馬に前走テン乗りで勝っています。電撃戦の近走結果もマズマズ。人気になってもおかしくないのはわかっていました。

しかし、これも人気ブッ飛ばし騎乗、やらかしましたね。7着・・・。当然の結果でした。スタート後手を踏んだ時点で、the end。全く前に行きませんでした。故意の出遅れ?と言っても過言ではないでしょう。この馬が、ブッ飛ばし騎乗すると確信していた根拠は、

   ・前走の1着は、外枠だったこと
   ・ゲート内にいる時間が長いことを懸念
   ・(私の中での)人気ブッ飛ばし騎乗の確率が高いと判断

でした。

日々、出走表とにらめっこをしていると、見えてくるものがわかってきます。これは、JRAにおいても基本的な部分は同じですが、実はJRAとは少違う見方もあります。それは、私の中の持論なので、全てを明かすことはできませんが、出走表だけでも、かなりの情報量があります。現に、私は競馬新聞もスポーツ新聞も、グリーンチャンネルの予想番組も一切見ません。JRAのホームページや地方競馬のサイトにある出走表や騎手データ、成績などのデータで十分なのです。

皆さんも、馬券力を付けるためにも、出走表だけで予想してみてはいかがでしょうか。楽しいですよ。


有料会員募集中です。会員希望と書いてtarbo992000@yahoo.co.jpまで送信して下さい。詳細をご案内します。ご案内を送信しても受信されない方もおります。上記からのメール受信可能に設定しておいてください。

地方競馬版も始めました。こちらは「南関東競馬希望」と書いて、tarbo992000@yahoo.co.jpまで送信して下さい。詳細をご案内します。ご案内を送信しても受信されない方もおります。上記からのメール受信可能に設定しておいてください。


また、よければまぐまぐ登録もお願い致します。
登録はこちらから⇒『複勝一本!』
よろしくお願い致します。



●順調に育っています。このブログ『パソコン音痴がネットビジネスに挑戦!“コツコツ地道”に稼ぐ私の起業実践ブログ』
詳しくはこちらから⇒『パソコン音痴がネットビジネスに挑戦!“コツコツ地道”に稼ぐ私の起業実践ブログ』

●世界中のスポーツを愉しむなら『ウィリアムヒル・スポーツ』安心して無料登録できます
詳しくはこちらから⇒『ウイリアムヒル・スポーツ』



人脈・関係者理論 ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ


馬券が買える!レースが観れる!地方競馬を楽しむならオッズパーク





楽天競馬は、地方競馬全場のレース映像・投票・情報に対応しています。





毎朝の朝食、摂っていますか?カルビー『フルグラ』 800g 1セット(6袋)まとめ買いなら【送料無料】




私は『楽天カードマン』です!あなたも『楽天カードマン』になりませんか?本当に凄いです!



今流行りのFX投資、新規開設ならここがオススメです!私も開設して利用しています!



スポンサーサイト



Posted on 2017/08/24 Thu. 06:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 地方競馬の経営は厳しいはずなのに・・・  |  『完全無料』だそうですよ、極秘情報が・・・。 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takachinchan.blog.fc2.com/tb.php/1800-15854829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

▲Page top