複勝一本!人間関係論的競馬予想!

独自の視点で複勝予想をします。

0704

リーディング上位騎手は、犯罪騎乗も多い  

競馬には、ヤリヤラズというものがあります。これは、競馬界においては当たり前のことであり、常識です。自分が購入した馬券の馬(騎手)に、ヤラズをされた時には、何ともやり切れない思いに苛まれる競馬ファンも多いはず。このヤリヤラズは、馬券の的中不的中の矢面に立つ騎手の意向ではできません。騎手は、自分の意志で騎乗することなど、まずあり得ません。それができるのは、騎手の中でもほんの一握りです。騎手の多くは、指示通りに騎乗します。ここ、とても重要です。騎手は、指示通りに騎乗する駒です。

では、誰の指示か?それは、その状況や事情によって、複雑ではありますが、大きくは、

   ・胴元(JRAや各地方公共団体)
   ・馬主
   ・厩舎

です。ここでは、それぞれの思惑については割愛しますが、理由があってのヤリヤラズなのです。

特に、地方競馬においては、それが実に顕著にしかも頻繁に行われています。私は、『犯罪騎乗』と呼んでいますが、

   ・『リーディング上位騎手は、犯罪騎乗も多い』

のです。当然と言えば当然です。『犯罪騎乗』は、新人ボウズ騎手やヘボイ騎手にはできませんし、その精神的強さもありません。リーディング上位の騎手は、騎乗回数が多く、それだけヤリヤラズも必然的に多くなります。私たち一競馬ファンは、この部分も十分に考慮して馬券に反映させなければいけません。

例えば、

   ・人気ブッ飛ばし騎乗で馬券圏外になった後のレースでは、人気関係なく馬券になる
   ・一日、馬券からふっ飛ばす騎乗しかしない
   ・不可解な乗り替わりで、オッズが過剰に反応している

などなど、ある程度、『犯罪騎乗』の前触れを感じることができる場合もあります。その読みが、ドンピシャにハマれば、思わぬ高配当の的中を得ることもできます。私は、そこを狙っています。

地方競馬は、本当に酷いですよ。私が予想配信している南関東競馬などは、そういう罠や仕掛けがゴロゴロしています。ですので、JRAの予想以上に集中と神経を使います。

先週の大井競馬でも、頻繁でした。おかげ様で、先週はその罠にほとんどハマることなく、馬券的中も多く、会員さまには喜んで頂くことができました。

何はともあれ、競馬は、正直な予想をしていては、ただ単にお金を搾取されるだけです。ある意味、非常識的な予想をすることも必要だと、私は考えています。


有料会員募集中です。会員希望と書いてtarbo992000@yahoo.co.jpまで送信して下さい。詳細をご案内します。ご案内を送信しても受信されない方もおります。上記からのメール受信可能に設定しておいてください。

地方競馬版も始めました。こちらは「南関東競馬希望」と書いて、tarbo992000@yahoo.co.jpまで送信して下さい。詳細をご案内します。ご案内を送信しても受信されない方もおります。上記からのメール受信可能に設定しておいてください。


また、よければまぐまぐ登録もお願い致します。
登録はこちらから⇒『複勝一本!』
よろしくお願い致します。



●順調に育っています。このブログ『パソコン音痴がネットビジネスに挑戦!“コツコツ地道”に稼ぐ私の起業実践ブログ』
詳しくはこちらから⇒『パソコン音痴がネットビジネスに挑戦!“コツコツ地道”に稼ぐ私の起業実践ブログ』

●世界中のスポーツを愉しむなら『ウィリアムヒル・スポーツ』安心して無料登録できます
詳しくはこちらから⇒『ウイリアムヒル・スポーツ』



人脈・関係者理論 ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ


馬券が買える!レースが観れる!地方競馬を楽しむならオッズパーク





楽天競馬は、地方競馬全場のレース映像・投票・情報に対応しています。





毎朝の朝食、摂っていますか?カルビー『フルグラ』 800g 1セット(6袋)まとめ買いなら【送料無料】




私は『楽天カードマン』です!あなたも『楽天カードマン』になりませんか?本当に凄いです!



今流行りのFX投資、新規開設ならここがオススメです!私も開設して利用しています!



スポンサーサイト

Posted on 2017/07/04 Tue. 06:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

« ホッカイドウ競馬・・・完全に世代交代だな  |  G3「CBC賞」とG3「ラジオNIKKEI賞」の回顧 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takachinchan.blog.fc2.com/tb.php/1738-d337234f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

▲Page top