FC2ブログ

複勝一本!人間関係論的競馬予想!

独自の視点で複勝予想をします。

0115

馬主に受けがいい騎手  

競馬界は基本的には馬主中心に動いていると言えます。馬主に喜ばれるような成績を残すことを第一に考えなければいけません。予想をする際にはその点を抜けてしまってはただお金をJRAに取られてしまうことになります。

競馬は楽しい娯楽だとか家族連れでも楽しめる場所などと様々な試行錯誤をしてイメージアップを図っていますが、本質的には『お客からお金を奪いとる世界』『いかにお客に金を使わせるか』ということです。私は、ここを忘れずに予想に取り組んでいます。

馬主中心ということは、馬主に稼がせなければいけません。稼がせるということは、賞金を獲得することです。つまり、賞金稼ぎのために騎手がいて調教師や厩舎関係者がいるわけです。極論を言えば馬主がいなくなることは、競馬が成り立たなくなってしまうのです。競走馬が出走する際には、いろいろな手当金が支給されますが、当然賞金があるかないかは大きな問題です。(私の記憶が確かならば)賞金は8着までの入線した競走馬に出ます。つまり、最低でもこの8着までに入線することが騎手や厩舎サイドの最低限の仕事になります。

勝率や3着以内率が高い騎手はそれ相応の馬主からの信頼度は高いのは言うまでもありませんが、それらがそれほど高くないのに騎乗回数が多い騎手もいます。なぜ、多いと思いますか?答えは賞金稼ぎが出来る騎手だからではないでしょうか。JRAのホームページでは騎手や調教師の勝利数や連対率などのデータを見ることができますが、掲示板率や8着以内率なんかもデータとして見ることができたら面白いと思います。

掲示板率や賞金稼ぎ着内率が高いということは馬主から好かれる理由になります。私の狭い見識でいうならば、そういう意味で信頼が高く騎乗回数が多い騎手は幸騎手や和田騎手ですね。みなさんも競馬を違った見方をしてみると面白いことに気付くと思いますよ。


有料会員募集中です。会員希望と書いてtarbo992000@yahoo.co.jpまで送信してください。詳細をご案内します。お蔭様で会員数も増えています。


人脈・関係者理論 ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ


競馬 ブログランキングへ
スポンサーサイト



Posted on 2014/01/15 Wed. 06:58 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 騎手の性格はレースに現れる  |  ○○騎手は本当にうまいと言えるのか? »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takachinchan.blog.fc2.com/tb.php/139-3f11639c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

▲Page top