複勝一本!人間関係論的競馬予想!

独自の視点で複勝予想をします。

0209

だらしないベテラン騎手~続き  





以前に、「だらしないベテラン騎手」という投稿をしましたが、その続きです。

先日、蛯名がJRA通算2400勝を達成しましたね。その節目の数字が近づくに連れても勝ち星を順調に重ね、比較的すんなりと達成しました。まあ、プレッシャーを感じながらもそれらも良い意味で力に変えて、難なく達成する。これほどの数字を積み重ねてきた騎手なら、普通の流れだと思います。

そして、蛯名の1期上の横山典も2600勝まであと4つ。こちらも順調に勝ち星を積み重ねてきているので、難なく達成し通過していくことでしょう。横典は、その騎乗にはいろいろと物議がありますが、何だかんだあってもこれだけの数字を残しているのですから、そこはやはり素直に敬意を表するところでしょうね。

しかし、そのような節目を目前に、だらしない騎乗というのか勝とうという姿勢が感じられない騎手がいます。名前は上げずとも調べればわかりますが、本当にだらしない、としか言いようがありません。これは、単なるプレッシャーだとか勝てる馬が回ってこないとかいうレベルの話ではありません。やる気の問題です。若僧騎手でもあるまいし、とにかくだらしない。

JRA側もわかっていると思います。枠順も有利にレースできるような配慮をしているのがわかります。

   「○○さん、もういい加減に勝ってよ。

それは、厩舎や馬主さんも同じ思いでしょうけど、さすがに連続100レース以上勝てないようでは、馬も回ってきませんよ。3年や5年の若僧騎手ならわかりますが、さすがに30年近くになる騎手とは思えない醜態。スランプとかの話ではありませんね。100レース以上勝っていないんですから・・・。

ベテランと言われるような人間の扱いに困るのはこういう時です。普通に会社組織の中でもありますよね。

   「年数の長い社員ほど、扱いにくいことはない。」

なかなか厳しい叱責やアドバイスなんかできないですよね。一番年下の私が役職を貰い、部下が全員年上の時期がありました。本当にやりにくかったですね。気を使いました。しかしそれも最初のうちだけでしたが・・・。先輩社員でも過去の実績をいつまでもすがっているベテラン社員でも、「今」活躍できないなら、ハッキリ言うべきことは言おうと自分が変わりました。

いくら私が役職を持ってリーダーであっても、私に言われては面白くないはずですし、「お前なんかより何倍も数字を作って貢献してきているんだ!お前に言われなくても・・・」。かなりやり合いましたね。結局は、そういう人間には、人は付いていかないものです。

話が逸れましたが、前述しただらしないベテラン騎手、一体いつになったら勝つのでしょう。一体いつになったら節目を達成するのでしょう。私が心配することではないですが、周りがどれだけ気を使っているのかわかっているのでしょうかね。


有料会員募集中です。会員希望と書いてtarbo992000@yahoo.co.jpまで送信して下さい。詳細をご案内します。ご案内を送信しても受信されない方もおります。上記からのメール受信可能に設定しておいてください。


また、よければまぐまぐ登録もお願い致します。
登録はこちらから⇒『複勝一本!』
よろしくお願い致します。




●順調に育っています。このブログ『パソコン音痴がネットビジネスに挑戦!“コツコツ地道”に稼ぐ私の起業実践ブログ』
詳しくはこちらから⇒『パソコン音痴がネットビジネスに挑戦!“コツコツ地道”に稼ぐ私の起業実践ブログ』

●世界中のスポーツを愉しむなら『ウィリアムヒル・スポーツ』安心して無料登録できます
詳しくはこちらから⇒『ウイリアムヒル・スポーツ』



人脈・関係者理論 ブログランキングへ


単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ


馬券が買える!レースが観れる!地方競馬を楽しむならオッズパーク





楽天競馬は、地方競馬全場のレース映像・投票・情報に対応しています。





私は『楽天カードマン』です!あなたも『楽天カードマン』になりませんか?本当に凄いです!



今流行りのFX投資、新規開設ならここがオススメです!私も開設して利用しています!



スポンサーサイト

Posted on 2016/02/09 Tue. 06:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

« 今日は大井競馬で重賞「金盃」ですが・・・。  |  G3「東京新聞杯」の回顧 »

コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://takachinchan.blog.fc2.com/tb.php/1133-10bf41ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

▲Page top